Slime unedited 108 +-60%

Tournament – Finals Part 3

108話 武闘会本選 その3

Continues after the preliminary, the first day of the finals ends safely too.

Gabil did his best. With indomitable spirit, he stands up over and over again. His appearance was like a wall that can’t be passed over.

His appearance leaves a deep impression, the spectators’ minds were grabbed by it.

Oh well, Souka secretly didn’t accept Gabil’s give up no matter how many time he says it.

予選に続き、本戦一日目も無事に終了した。
ガビルは頑張った。その不屈の精神で、何度も何度も立ち上がり、超えられぬ壁に挑むその姿。
その姿は感動を呼び、観客達の心を鷲掴みにしたのである。
まあ、ギブアップと何度も言っていたようだけど、ソーカがそれを認めなかったのは秘密だ。
「Ooootto, what did you say? What? I can still do it…… Don’t underestimate me?

Contestant Gabil, what a motivation! Gabil, an unyielding man! He still hadn’t give up yet~!!」
「おーーーっと、何やら言ってます。何々、俺はまだやれる……舐めるな?
ガビル選手、やる気です! 不屈の男、ガビル! 彼はまだ諦めてはいない〜!!」
No matter how you look at it he already gave up, but his run luck out when Souka became the announcer.

After all, for the full one hour, Ranga played with him[1].

Because the spectator didn’t know about the circumstances of the situation, it seems that Gabil’s name was remembered as an unyielding man.

I can’t determine whether it was bad or it was god.

However, the only thing I want to say was “I’m glad it’s not me!” .

どう見ても諦めていたが、アナウンスをソーカ が して いたのが運の尽
結局、一時間たっぷりと、ランガの相手をする事になったのである。
観客にはその辺りの事情は伝わっていないので、不屈の男ガビルとして名を覚えられたようだけどね。
良かったのか悪かったのかは俺には判断出来ない。
ただ言えるのは、俺じゃなくて良かった! と言う事だけだろう。

The match ends, everyone then returns to their respectively inn.

I get up from my seats and starts to walk away in order to invite Masayuki for a meal.

試合が終わり、皆それぞれの宿へと向けて帰って行く。
俺はマサユキを食事に誘うべく立ち上がり、歩き出そうとした。
̀「Please wait for a while. I have something I want to ask.」
「待つが良い。ちと、聞きたい事がある」
There was a person who called me to halt.
It was the half elf girl from before.

With pale light blue silver hair and her jade eyes, she was a super bishoujo.

俺を呼び止める者がいた。
先程、半耳長族(ハーフエルフ)かと考えた少女である。
薄水色の銀髪に、翡翠の瞳。超の付く美少女だった。
「Ah, so you are here! Eh!*surprised*, Rimuru-dono, it’s been a long time.」
「あ、こんな所に! って、リムル殿、お久しぶりです」
When I tried to reply the girl, a person come and greets me while panting. Did he come running? He was Duke Elaludo.
少女に返事をしようとした時、走り回っていたのか、肩で息をしつつ挨拶して来る者がいた。エラルド公爵である。
「Ah! Duke, it’s been a long time. Are you well? And, is she your acquaintance?」
「ああ、公爵、お久しぶりです。元気でしたか? それと、お知り合いですか?」
She was a person the Duke was running to look for…….

Although I have expected it, more or less let’s listen to his word*
公爵が走り回って探す人物……。
予想はついたが、一応聞いてみた。
「Ah! I will introduce her to you.

This person is Her Majesty the Empress of Sorcery Dynasty of Sarion Elmeshia Elure Sarion.

Her Majesty, this person is the one I told you about before, Demon Lord Rimuru-dono.」
「ああ、紹介致します。
此方は、魔導王朝サリオンの皇帝で在らせられるエルメシア・エルリュ・サリオン陛下です。
陛下、此方が以前よりお話申し上げた、魔王リムル殿です」
Pretty much, she was the ruler of the country who supported me. After he introduced the empress to me, he introduce me to her.
一応、俺が主催国の主という事で立ててくれたのだろう。皇帝に紹介するより先に、俺に相手を紹介してくれた。
「Umu. I know. This one[2] is the Empress of Sorcery Dynasty of Sarion, Elumeshia Elure Sarion.

Hereafter, please take care of me.[3]
「うむ。知っておる。余が魔導王朝サリオン皇帝、エルメシア・エルリュ・サリオンである。
以後、よしなに頼む」
Although she a bishoujo, she emit a solemn aura.

I think she might suppresses it before, but the person in front of my eye is evidently an person worthy of to be called an Empress, there no doubt about that.
美少女だが、神々しいまでの気品(オーラ)があった。
先程までは抑えていたのだろうが、今目の前にいる人物は紛れも無く皇帝その人であると、疑う気が起きない。
「Hello, I’m Rimuru, the King of Tempest. Please take care of me too!

Since I’m ignorant with the etiquette as a King, please pardon my rudeness.[4]
「どうも、魔物の国(テンペスト)の主、リムルです。此方こそ宜しく!
王としての礼儀作法に疎いもので、無作法はご容赦願います」
I introduce myself mutually.

Oh dear, I was like an upstart Outlaw.[5]

I wish you excuse me from such stiff formalities. How should I put it, since the empress took appearance as an adventurer, I want to think such a thing will be alright.
お互いに自己紹介する。
まあ、俺なんて成り上がりの無法者だ。
堅苦しい挨拶とか、勘弁して欲しい。というか、冒険者の格好の皇帝という時点で、その辺は大丈夫だと思いたい。
「Umu, it’s not a problem. Such thing is not important.

The problem is, “what the hell with this country’s war potential!” this thing! 」
「うむ。問題ない。そんな事はどーでも良い。
問題は、この国の戦力はどうなっておるのだ! という事よ」
She presses me for answer while barraging me forcefully with words.

Beside her, Duke Elauludo was greatly perplexed.
俺に詰め寄らんばかりの勢いで捲くし立てる。
横でエラルド公爵が頭を抱えていた。
We changed the place, we now talking while at the same time having dinner.

I wanted to invite Masayuki, but I take priority for the Empress Sarion this time. Though it was regrettable, It can’t be helped right.
According to the Empress.

Although she was a master in magic, she was defeated by a strong devil without can do a think about it. That devil is Dagura.

Furthermore, he instantly defeated countless opponents by himself. He was a surprising outrageous opponent.

場所をかえて、夕食を供にしながら話をする事になった。
マサユキを誘いたかったのだが、今回はサリオン皇帝を優先する。残念だが、仕方ないだろう。
皇帝曰く。
自分も魔法の達人なのに、手も足も出ない程の強力な魔人に敗北した。ダグラの事である。
それも、一人相手に多数が一気に全滅させられている。とんでも無い相手だと驚愕したそうだ。
Despite this, just like taking a candy from a baby, that devil was defeated by a single person of Tempest’s Executives.

She couldn’t accept this and became indignant.

By the way, the Empress in here is a homunculus[6] that she transferred her consciousness into it.

So, there is no need to worry about her getting hurt, although she was frustrated about her lost.

それなのに、その魔人は魔物の国(テンペスト)の幹部の一人に、赤子の手を捻るように遣られてしまった。
納得がいかぬ、と憤慨していたのだ。
ちなみに、皇帝も人造人間(ホムンクルス)に意識を乗り移らせてやって来ている。
なので、怪我だ何だの心配は必要ないとの事だったが、負けた事が悔しいのだろう。
「Well you see, because Her Majesty never lost. When it comes to magic she was the number one….

Her Majesty, therefore what have you said? Since it a Demon Lord, it will turned out fully prepared tournament, and」
「何しろ、陛下は無敗でしたから。魔法にかけては第一人者ですし……
陛下、ですから申し上げたでしょう? 魔王が居るのだから、半端では無い大会になる、と」
Duke Erarudo soothes her as if he given up on it.

She acts recklessly, because there was no danger to the body, thanks to that I think Her Majesty’s selfishness was immensely great.

At the night of that day, I enjoyed the conversation with the Sarion’s Empress, I successfully strike a deal about technology agreement from now on

Although it just a verbal promise, it was a promise between fellow Rulers. I think it will not be broken.

I successfully made a promise with Sorcery Dynasty of Sarion, with just this I can say that the tournament was successful.

I’m pleased with just that, I’m convinced that the relationship will became better.

と、エラルド公爵が諦めたように宥める。
下手に、身体に危険が及ばないおかげで、陛下の我侭も強力なのだろう。
このおっさんも大概だし、人を諌める立場には無いようだけど、陛下はその上を行くと言う事か。
結局、夕食後も愚痴は続いた。
だがそのおかげで、お互いの仲も打ち解けたモノとなり、友好的な関係を築けそうで何よりだ。
その日の夜は、サリオン皇帝との会話を楽しみ、今後の技術協定についても約束を取り付ける事が出来た。
口約束だが、王同士の約束である。破られる事は無いだろう。
魔導王朝サリオンとも約束を取り付ける事が出来たのだ、大会の開催はこの事だけでも成功と言える。
俺はその事に気を良くし、人間との関係も良いものになると確信したのだった。
And then, the night grows old, the morning of the finals second day comes.
そして夜も更け、本戦二日目の朝がやって来る。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

The second day of the Finals.
The fifth match…… Arnaud vs Beretta

本戦二日目。
第5試合…… アルノー vs ベレッタ
A noteworthy match

Although Arnaud said that he will conceal his status as a Holy Knight and registered as Mask Knight…

注目の試合である。
アルノー、聖騎士を隠して仮面騎士(マスクナイト)で登録するとか言っていたのに、
「Eh? He doesn’t depend on others, right?

The one who called the strongest holy knights that vow to protect people, how could he conduct something like running away[7]?

If it’s a man, it must be fair and square! Isn’t that right, Arnaud-san?」
「ええ? そんなの甘えじゃないんですか?
法の守護者たる最強の聖騎士が、そんな逃げるみたいな真似出来ないでしょう?
男なら正々堂々! ですよね、アルノーさん?」
Souka seems to have asked again while smiling sweetly.

Stupid, she ended her words.

ニッコリと、いい笑顔でソーカに問い返されたらしい。
うぐ、と言葉につまり、
「Hahaha, of course. A Holy Knight don’t run away from whatever kind of battles!」
「ハハハ、勿論だとも。聖騎士は、どのような戦いからも逃げたりしないさ!」
Maybe because he was desperate he was muttering “it will be alright if I win, if I win!” It seems he decided to go without concealing his true identity.

He just likes a young rabbit that been ensnared by a trap

No, I think that conversation about escaping is not needed right? Well, whatever…

A wicked smile seems to appear on Souka.
やけっぱちにでもなったのか、勝てば良いんだ勝てば! とブツブツ呟きつつ、正体を隠さずに行く事にしたらしい。
罠に嵌められた子ウサギのような男である。
いや、そこは逃げるとかそんな話じゃないと思うぞ? まあいいけど……。
ソーカの黒い笑顔が目に浮かぶようだ。
Or rather, when she was still Abil’s Imperial Guads, she looks like an obedient and good youth, but she changes suddenly after she reveals the fact that she was a woman.

Was this her original personality? Or because she receives a wicked influence from someone (Probably Souei)?

Or, it might be both.

She has grown into a frightening little devil.

It was too late now. I’m must be careful so I don’t ensnared by trap.

というか、アビルの近衛をやっていた頃は、素直な好青年に見えたのだが、女性である事を隠さなくなってから激変している。
元々の性格なのか、何者か(たぶんソウエイ)の黒い影響を受けたからか。
あるいは、その両方だろう。
恐ろしい小悪魔に成長してしまった。
もう手遅れ。俺も罠に嵌められぬ様に気をつけておく。
「Begin!」
「始め!」
When I thinking about the pitiful Arnaud, the match begins before I realize.

Arnaud was taking a distance from Bereta, vigilantly he hold the sword.

As expected he seems to not attacking carelessly.
哀れなアルノーの事を考えていると、何時の間にか試合が開始していた。
アルノーはベレッタから距離を取り、油断無く剣を構える。
流石に迂闊に攻めるような真似はしないようだ。
「It’s started right. The day to show off the ability of my Beretta have come right!」
「始まったわね。アタシのベレッタの実力を見せ付ける日がやって来たわね!」
I was surprised! Suddenly Ramiris come and talking nears my ear.

Veldora and Milim also come along from the back.
びっくりした! いきなり耳元でラミリスが話しかけて来たのだ。
後ろにヴェルドラとミリムもやってきている。
「Y-You guys. Wasn’t you all engrossed inside the Dungeon?」

「Fuhahha, Rimuru. It was completed a while ago. You will looking forward for it!」

「Since I also have an interest on the match. Yesterday, I manipulated the probabilities using Investigation King Faust.

On yesterday match, doesn’t the spectators concentrate more of their attention on the match?」

「お、お前等。地下迷宮(ダンジョン)に夢中だったんじゃないのか?」
「ふはは、リムルよ。先程完成したのだ。期待してよいぞ!」
「我は試合にも興味があったのでな。昨日、究明之王(ファウスト)にて確率操作を行ったのよ。
昨日の試合には、比較的勝負の見えた者が集中したのでは無いか?」
WHAT・DID・YOU・SAY・!?

That explains why for some reason people with similarly problematic power were fighting each other.

And, did he manipulate it so that the combination he doesn’t have interest in will be concentrated in yesterday’s match?

Certainly, there are a lot of highlights[8] in today’s match.

It is combination like 『Arnaud vs Beretta 』now and 『Lion Mask vs Diablo』, were matches that Ramiris and Milim must not missed.

*

*

な・ん・だ・と!?
道理で、何故か微妙に似たような強さの者同士が組み合っている。
そして、昨日の試合には興味無い組み合わせが集中するように操作したのか。
確かに、今日の試合は見所が多い。
今やっている、『アルノー vs ベレッタ』に『獅子覆面(ライオンマスク) vs ディアブロ』の組み合わせは、ラミリスとミリムにとっては見逃してはならない試合だろう。
興味ないのかと思っていたが、きちんと抑えていたようだ。
こういう面白いイベントを見逃すような、そんな甘い事は無いと言う事か。流石である。
「まあ、我は勝敗には興味は無いが、見ていると参考になるからな! クアハハハハハ」

自慢気に大笑いするヴェルドラ。
昔と違い、強弱よりも内容に興味を持つようになったらしい。漫画の影響だろう。
今では、美しい勝ち方とか研究しているようだ。マメなヤツである。
まあ、自分が完全に強者だからこそ、そんなしょうも無い事に気を回せるのだろう。
ラミリス達の登場に驚いている間に、試合は新たな展開を見せている。
アルノーの剣撃を、ベレッタが苦も無く腕で受け流すのだ。それが暫く続いていたのだが……
「おおっと、アルノー選手の攻撃がまるで通用しないぞ?
手を抜いているのでしょうか? これが本気では、最強聖騎士の名が泣きます!」
その一言が切欠だった。
そんな事を言われた程度で心を乱すとは、アルノーもまだまだである。
「はん。今までの攻撃は全て段取りの為のものさ。足元を見てみな!」
格好をつけつつ、アルノーがベレッタの足元を指差した。
そこには、何時の間にやら魔法陣が描かれている。
今の剣撃の合間に、気付かれぬように銀粉を振りまいて描いていたようだ。
器用な男である。
だが、こういう闘い方も出来るとは、唯の脳筋では無かったらしい。
「発動! 聖浄化結界(ホーリーフィールド)・弱!」

手裏剣に結界札を貼り付けて四方に投擲し、アルノーが叫んだ。
手裏剣の取っ手部分に、結晶が埋め込まれている。どうやらそこに魔力が込められて、短時間の結界発動を可能にしているようだ。
弱とは言え、個人で聖浄化結界(ホーリーフィールド)を張るとは……
アルノーも油断出来ない男だったようだ。
でも、あの装置をアルノーを実験台に作り上げたクロベエこそが、本当の意味での功労者だと思うけど……。
他にも色々アルノーと実験を行っていたようだし、お互いに気が合ったのだろう。
そのお陰で、魔物の国(テンペスト)の装備の質も上がりそうだ。実に良い事であった。
本来なら、弱とは言え聖浄化結界(ホーリーフィールド)に囚われた時点で、大半の者が敗北すると思う。
あの結界を解除出来るのは、一部の幹部だけだろうから。
ベニマルやソウエイすら、完全に囚われてしまえば打つ手は無いのではなかろうか?
こればかりは能力の相性があるので、強弱では判断出来ないのだ。
そして、今回の場合、その相性が非常に悪かった。アルノーにとって、ね。
「無駄だ。私はリムル様に授けられた能力により、聖浄化結界(ホーリーフィールド)による影響は受けない」

淡々と告げながら、アルノーに対し初めて反撃に移るベレッタ。
先程からのアルノーの剣撃をモノともしない事からも判るだろうが、ベレッタには物理攻撃無効である。
そしてその身体は、俺の造り上げた魔鋼製。
放つ拳に、ユニークスキル『聖魔混合』による妖気と霊気を螺旋状に纏わせて、一種異様な混合気を発しているのだ。
その性質は、〈気闘法〉による闘気剣(オーラブレード)と同様で、威力を圧倒的に増大させる。
高速で撃ち出す事も可能なのだ。
ベニマルのように浸透頸のレベルまで練り込んではいないようだが、全身をぶれる事なく一定に覆うその闘気は美しい。
ダグラの放つムラのある闘気とはレベルが違う。
威力が単なる妖気や霊気の比では無いだけに、拳の一撃が必殺技となっている。
反撃に転じたベレッタは、恐るべき精度で攻撃を繰り出していく。
観客には良い勝負に見えているようだったが、俺の目は誤魔化せなかった。
ベレッタは全力を出していないのだ。30%程度の力で戦っているのである。
「フフン! どーよ! どーなのよ! アタシのベレッタ、マジかっけー!」
ラミリスが俺の周りを飛び回り、ドヤ顔で自慢して来た。
俺だけでは飽き足らず、ミリムやヴェルドラにも自慢している。
ヴェルドラは、フーン、でも我の方が強いがな! 程度の対応だったが、
「ふふん、今だけ調子に乗っているが良い。
明日にはワタシのライオンマスクが、貴様のベレッタを分解する事だろうさ!」
負けず嫌いのミリムがラミリスに言い返した。
やれやれ、子供の喧嘩か。
もっと、可哀相なアルノーさんの心配をしてあげるべきである。
鬼畜なアナウンスで、またも負けられない状況に追い込まれているというのに、状況は絶望的なのだ。
というか、この男(アルノー)、よくこれで心が折れないものである。
その事だけは、かなり高く評価しても良いと思ったものだ。
ラミリスとミリムの喧嘩が終わる頃、試合も終了した。
当然、ベレッタの勝利である。
アルノーが”流星斬”とか言う必殺技を放ったのだが、ベレッタの身体に触れた剣が砕けて折れたのだ。
まあ、鋼鉄の塊を叩き続ければ、剣も耐久が無くなるのも当然である。
いくら闘気で包んでいても、武器への多少のダメージは蓄積するのだ。
流石に剣が折れては勝負にならない。
アルノーが降参を宣言し、勝負は終了したのであった。
というのは口実だろうな。実際には、歯が立たなかったのだ。
だが、観客にはそれが理解出来ないだろうし、上手くアナウンスでアルノーのフォローも入れていた。

不運にも剣が折れたから、仕方なく勝負を放棄した。そういう筋書きで、観客は理解したようである。
ソーカに、食事を奢るから! と涙目でお願いして、何とか上手く解説して貰ったようだが、そこは目を瞑ろう。
アルノーの名誉は守られた。それで良いだろう。
こうして、第5試合はベレッタの勝利で幕を閉じたのだ。

————-

[1]相手をする事になった: can mean: become his opponent, or alternatively become his playmate (or plaything).

[2] She is using余 yo, an archaic first person pronoun that mainly associated with King or Emperor. You might see it on this webnovel used for Kings (e.x Edomalis) and Rimuru (when he tried to talk like a King.)

[3]以後、よしなに頼む: alternative line: I hope we will have a good relation in the future.

[4] Diferent from Empress Elmesia that use formal Japanese sentence construct, Rimuru use more casual (although not rude) with the Empress.

[5] I think this refer to Daimyo or ruler that come from commoner background (like Hideyoshi Toyotomi)

[6] 人造人間(ホムンクルス) = Jinzouningen (Homunkurusu) | Artificial Human (Homunculus).

[7] Alt: Cowardly behavior.

[8] Alt: Things/matches to see.

Slime unedited 108 +-60%

Slime – Chapter 106 Unedited

Tournament – Finals Part 1

106話 武闘会本選 その1

Last night drinking was too extreme.

Of course, it’s not me

No matter how much I drink, I don’t get drunk. Only at this time, I think it might be better not have the Poison Nullification.

After all, things like food or drink could be poisoned. But I think everyone in here more or less had poison resistance.

Oh well, I just pretend to be drunk, as I just like the drinking act itself.

The one who drink too much were the invited guests.

It seems they can’t forget the excitement of the battle they saw during the day, they all keep talking about it and drinking until late hour.

Therefore, everyone was having a bit exhausted faces while going to the Colosseum.

昨夜も飲みすぎた。
勿論、俺がじゃない。
俺はどれだけ飲んでも酔わないのだ。その一点だけは、毒無効は無い方が良いかも知れない。
所詮、食べる事は毒を取り入れる事。なので、多少の毒は誰しも抵抗があるのが現状なのだけど。
まあ、酔った気分は味わえるので、飲む行為そのものは好きである。
飲みすぎなのは、招待客の皆さんである。
昼間に見た戦いの興奮が忘れられないのか、夜遅くまで飲んで語っていたようだ。
そんな訳で、皆ちょっと疲れた顔で、闘技場まで移動している所だった。

In the Colosseum, all the contestants assembled and forming a line at the center.

Rather than a line, it was a linked circle, they stands while facing audience seats.

On the large monitor, the contestant’s appearance was projected on the screen one by one, their appearance come out nicely.

In front of the contestant, I gave out my greetings with megaphone(mike).

By the way, I didn’t call Veldora out since yesterday.
I don’t dare to call him out because he was engrossed at making the Underground Labyrinth(Dungeon).

If he raging again, it will be troublesome, at the same time that dangerous fellow might also come with him.

If Milim comes, surely she will want to participate in the tournament. I don’t think that she will be satisfied just by only sending a substitute.

For that reason, today commentary will be only performed by me.

闘技場にて、選手が一同に会し、中央にて整列している。
整列というか、円陣を組み、客席側へ向いて立つ。

大モニターが画面ごとに、選手の様子を映しているので、その表情も良く見てとれた。
その選手を前に、俺が拡声器(マイク)にて挨拶を行う事になっていた。
ちなみに、ヴェルドラは昨日に続いて呼んではいない。
地下迷宮(ダンジョン)作成に夢中になっているので、敢えて呼ばなかった。
また暴れられても面倒だし、一緒にいるヤツが来る恐れがあるのだ。
ミリムが来たら、間違いなく参戦したがるだろう。代理を送り込んで来ただけで満足出来るとは思えないのだ。
そんな訳で、今日の解説も俺が行う事になった。

The first of all was the contestant introduction.

I send the signal, the contestant’s introduction began one at a time.

The large screen changed during the introduction of the contestant that will battle today.

First, the people who win the yesterday Battle Royal, the three people were introduced.

As the representative of Souei’s subordinates, the dragonewt Souka take the role as the Announcer.

She gave brief comments about the contestant that will participate on today match.

Well then, shall we begin?

First of all was the Gozu.

This guy, I gave him a “Name” as “Gozurl” it was because his yesterday’s victory and at the same time as my praise for him.
After he received the name, my magic power was decreased, although it only to the extent that he could grow a little.

先ずは選手紹介である。
俺は合図を送り、一人づつ選手の紹介を開始させた。
大画面が切り替わり、一人づつ紹介に合わせて選手を映し出すよう指示してあった。
最初に、昨日のバトルロイヤルを勝ち抜いた者、3名の紹介である。
ソウエイの配下代表として、龍人族(ドラゴニュート)のソーカがアナウンスを行っている。
選手の一言を貰う手筈になっていた。
さて、始めるか。
まずは、牛頭(ゴズ)。
コイツは、昨日の勝利を褒めると同時に、”ゴズール”という”名”を与えていた。
名付けも手馴れたもので、そこまで魔素を奪われる事なく、少し成長を促す程度で留めている。
However, as a former A rank high-rank person.

His race also evolves as Gyuuki[1], his gushed out power was felt, it just like he was become another person than yesterday.

He has acquired a Unique Skill『Restrainer』[2] and Extra Skill『Self Regeneration ex』.

Although he didn’t receive additional special abilities or skills, his physical power was greatly enhanced.

Unique Skill『Restrainer』ability was to create space where he could create a restraint on what ability can be used on that space.

However, if the other party didn’t agree with it, the restraint on that space will be cancelled.

It was ability with bad usability

だが、元Aランクの上位者。
種族も牛鬼族(ギュウキ)に進化し、昨日迄とは別人の如く、迸る力(パワー)を感じ取れた。
攻撃特化か。
ユニークスキル『限定者(サダメルモノ)』とエクストラスキル『自己再生ex』を獲得している。
他には特殊能力やスキルを獲得せず、その身体能力を大幅に伸ばしたようだ。
ユニークスキル『限定者(サダメルモノ)』とは、限定能力しか使用出来ない空間を創りだす能力。
しかし、これは相手が同意しなければ抵抗され、限定空間を拒否(キャンセル)される事になる。
使い勝手の悪い能力だった。
Although it might be possible to force the opponent to agree with it, but I think it will depends on who the opponent will be.

If it an opponent of the same rank, it won’t succeed.

Perhaps just like the Holy Barrier that space creates a rule where skill can’t be used, but I speculate that physical ability will still be effective.

It was an interesting idea.

Because I think it might be useful if I think over the way to use it, I didn’t forget to absorb it with『Covenant Lord Uriel』.

Because it was under the Space series, it was possible to add it easily.

強制で引きずり込む事も出来るかもしれないが、相手次第だろう。
同格では、まず成功しない。
おそらく、聖結界と同様に、スキル使用禁止などのルールのある空間に設定しておけば、身体能力特化が生きるという思惑なのだろう。
面白い発想である。
使い方を考えれば有用かも知れないので、『誓約之王(ウリエル)』に取り込む事は忘れない。
空間系なので、簡単に追加可能だったのだ。
「First of all, the champion of the yesterday’s first match, Gozurl!

By stopping their 100 years conflict, he received right to participate on this match!

That power give rise to a new wind that can sweep over Tempest!」

「まず、昨日の第一試合の覇者、ゴズール!
100年の争いに終止符をうち、本戦出場権利を獲得!
その力は、魔物の国(テンペスト)に吹き荒れる新たな風を巻き起こす!」
Souka speak the words merrily.

Don’t turn around.

Since her appearance was cute, the audience became excited.

Although with the tail, the wing, and the horn, there was no problem to label her as “Cute”.

ソーカはノリノリで言葉を紡ぐ。
向いてるな。
見た目も可愛い感じで、観客受けも良いようだ。
尻尾と羽と角があるけど、そんな事は”可愛い”の前には何の問題にもならないのである。
「Furthermore, this Gozurl is a champion from the Underground Labyrinth(Dungeon) that Tempest proud of~!

Pay attention on his strength! And for those who confident can beat him, please go towards the labyrinth!!」
「そして、このゴズールこそ、魔物の国(テンペスト)の誇る地下迷宮(ダンジョン)の覇者なのだ〜!
その強さ、刮目して見よ! そして、倒す自信のある者は迷宮へと向かうが良い!!」
She said it in high spirits.

She even advertised the labyrinth.

Because it not opened for public yet, it still can’t be considered as a Labyrinth at this point of time.

Oh well, after seeing this power, I don’t know if there will be a challenger for the labyrinth.

ノリノリだ。
きっちり迷宮の宣伝まで。
まだ解放してないから、今迷宮がどうのと言われてもピンと来ないだろうけどな。
まあ、この強さを見てから、迷宮に挑む者が出るかどうか。
I don’t know how the first match will be turned out. Even after being advertised like this, he might be getting defeated quickly.

However, I already though that.

If he got defeated, then his challenger will get additional monetary reward.

Well, it depends on his opponent. Everything will be decided by the lot.

一回戦目でどれだけ活躍するかにもよるな。これだけ宣伝したのに、アッサリ負けたら舐められるかも。
だが、そこは考えようだ。
舐めてくれる方が賞金目当ての挑戦者が増えるのだ。
まあ、相手次第。クジで全てが決まるだろう。

Continue after that, Dagura.

The eldest of Dagruel’s three sons.

I receive greetings from Dagura, Ryura and Debura at the same time of the report of yesterday’s victory.
I’m been told, that their father, Dagruel, sent them to this country to make them learn various things.

続いて、ダグラ。
ダグリュール三兄弟の長兄。
ダグラ、リューラ、デブラの挨拶は、昨日の勝利の報告と同時に受けている。
何でも、父であるダグリュールに、この国で色々学んで来いと送り出されたそうだ。
『We will do anything, even the chores, please give us your permission to stay at this country, Demon Lord Rimuru-sama!』
『雑用でも何でも致しますので、この国への滞在をお許し下さい、魔王リムル様!』
So, the trio bowed their head together.

Because it was troublesome, I decide to place them under Shion. It was their wish after all.
They even wear clothes with “Shion for Life” written on it……..

I know that the reality was cruel, so it’s a matter of time before their illusion get broken, but that was how they way of life.

Their power was dreadfully high.

However, the eldest was the most balanced one among the three, so he was quite strong.

と、三人揃って頭を下げられたのだ。
面倒なので、シオンに付ける事にした。本人達の暗黙の希望にそったのだ。
“シオン命”と書かれた服を着ていたし……。
現実を知り、幻想が砕けるのは時間の問題だが、それもまた彼等の生き方である。
パワーだけは凄まじい。
だが、この長男が最もバランスが取れていて、強いのだそうだ。
「The next one is the champion of the second match, Dagura!!

Only by emitting such overwhelming aura, all the evil spirits from Great Jura Forest will be blown away!

His figure is certainly a masterpiece. If he becomes serious, what will he achieve?

Does such power will prevail against the executives of Tempest?

The anticipation increases!」
「続いて、第二試合制覇のダグラ!!
その圧倒的なまでの覇気(オーラ)を放つだけで、ジュラの大森林の魑魅魍魎を吹き飛ばした!
その姿は正に圧巻。まだ見せぬ本気は、果たしてどこまでのものなのか!?
その力は、魔物の国(テンペスト)の幹部達に通用するのか?
期待が高まります!」
At the same time of the introduction Dagura waves his hand.

If compared with the quiet Fighting Spirit of Gozurl, I could sense a surplus of power.

How high will be the surplus power that he held? Just like before, I didn’t speak anything to the Executives.

その紹介に合わせて手を振るダグラ。
ゴズールの静かな闘志に比べると、余裕が感じ取れる。
果たして、どこまでその余裕が持つだろうか。以前のままなら、幹部には通じないろうけど。

Then, the next one was the Hero Masayuki.

Whether this guy ability was the real deal or not, it would become clear in today’s match.

Although, it might be tomorrow as there only four matches today, so it all depends on the lot.
さて、次は勇者マサユキ、か。
コイツの実力は本物か否か。今日の試合で判明するだろう。
とはいえ、今日は4試合なので、クジ次第では明日だけどね。
「And now, the champion of the yesterday’s third match, Hero Masayuki~!!

There was no one who able to saw the magnificent sword technique! Because, at the same time the sword was unsheathed, they all already dead by then!

With his overwhelming power, he made his name renowned, the man who introduces himself as the young Hero.
There is no end for people who fascinated by his sweet mask, they said no women can’t resist to fall if they see his eyes!

Ma~sa~yu~ki~!! The people who had seen his previous battle, be rejoice~!!!」

「そして、昨日の第三試合の覇者、勇者マサユキ〜!!
その華麗な剣技を見た者はいない! 何故なら、抜かれたその時は、既に死んでいるからだ!
圧倒的強さで、名を馳せて、若くして勇者を名乗るその男。
その甘いマスクに見惚れる者が後を断たず、その目で見つめられて落ない女は居ないと言う!
マ〜サ〜ユ〜キ〜!! 本戦でその勇姿を見れる者は幸せ者だ〜!!」
Was it true?

Was he really so popular?

Or rather, that blurb, was that thought by Souka herself?

If that’s so, it was an unexpected talent.

Wasn’t that mostly lies and backhanded compliments? What with that, “Ma~sa~yu~ki~!!” announcement?

If someone took her words seriously, I think there was something wrong with their head.

If after advertised like this and he lost on the first round, won’t he get embarrassed?

If this was her meaning, it was harassment.

If it Souka, then without doubt this will be a high level harassment.

本当かよ?
本当にそんなにモテるのか?
というか、あの宣伝文、ソーカが考えてるのか?
だとしたら、思わぬ才能だぞ。
大半が嘘で褒め殺しの域じゃねーか。何が、マ〜サ〜ユ〜キ〜!! だ。
真面目に聞いてると頭が可笑しいと思われそうだ。
こんな宣伝されて、一回戦負けだと恥ずかしいってものじゃない。
これはある意味、嫌がらせだな。
ソーカなりの、高等な嫌がらせに間違いないと思う。

The remainder was the special participants and the executives.

First of all Arnaud.
残りは、特別枠と幹部達だ。
まずアルノー。
「Well~then, continues, it’s now the contestant introduction of the special participants~!

The first introduction is the Holy Knight Arnaud Bauman!

The name of a man who was renowned as the strongest Holy Knight!

After the zealous fight against our Tempest’s executives, bloomed a bud of friendship~!

His aim is complete victory! The pride of a man doesn’t allow a draw.

This time, to achieve his aim of complete victory he will exhibit his true strength~!」

「さ〜て、続いて、特別枠の選手紹介で〜す!
最初に紹介するのは、聖騎士アルノー・バウマン!
その名も名高き聖騎士最強の男!
我等、魔物の国(テンペスト)の幹部達と熱い戦いを繰り広げ、互角に戦い友情に芽生えた〜!
狙うは完全勝利! 引き分けは男の誇り(プライド)が許さない。
今回は、優勝を狙って、その実力を発揮する〜!」
Yes.

Actually, an amazing ability.

In the corner Arnaud’s face, I think a sweat was hanging in his forehead.[3]

What did she’s talking about?

It will be all right even if she didn’t talk about this, but since she had announced that he will be pressured to not get lost.

Souka, are you really a Blood-Sucking Demon? The way you cornering them is not a layperson will do.

As a little sister of the natural airhead Gabil, I never thought that you will be this vicious.
うん。
本当に、凄い才能だ。
アルノーは追い込まれた顔で、額に汗が浮かんでいる。
何が引き分け、だ。
引き分けてすらいなかったのに、引き分けすら許されない空気になっている。
ソーカって、マジで悪魔の血でも引いているのか? 追い込みのかけ方が半端じゃないぞ。
天然ガビルの妹とは思えない悪辣さである。
「Next one is a contestant of the special participant! His name is Damurada!

Dispatched from a secret organization, a mysterious man!

His aim to participate in this tournament, is to show off his combat prowess~!

Could he display his power as a mercenary!?

The person who catch Demon Lord Rimuru-sama interest. Keep your eyes on him everyone!」
「次も特別枠の選手! その名は、ダムラダ!!
謎の組織より派遣された、謎の男!

今回参戦した目的は、武力の押し売りだ〜!
傭兵として、その力を誇示出来るのか!?
魔王リムル様も興味深々。注目が集まります!」
No… No….

I don’t even have a slight interest in him. Also, what the deal with the secret organization you speak of….?

Saying that while looking at me with that fearless smile.

I’m glad there was no problem. I’m glad that even if the name gets found out it will be okay.

Well, I had been consulted about this, but I will stop it if it will become a trouble.

いやいや。
興味深々なのは当たってるけど、謎の組織って何だよ……。
言われた方を見やれば、不敵な笑み。
問題ないようだ。名前バレしても大丈夫なようで良かった。
まあ、相談は受けていたのだろうし、問題あるなら止めるわな。
「Let’s continue, from the special participant, a mysterious masked man intrude the Colosseum~!

The unknown Lion Mask, is he a champion of justice or then envoy of evil!?

Really, what kind of enchanting battle he will show!?

By the way, in here there is a message from a certain anonymous person.

『I think you already know, but if you shown an unsightly fight, prepare yourself.』

So that was the message says.

What does this message mean? I don’t know, but it sounds enjoyable~!」

「続いて、特別枠より、謎の覆面男の乱入だ〜!
正体不明の獅子覆面(ライオンマスク)、正義の味方か悪魔の使者か!?
果たして、どのような戦いぶりを魅せてくれるのか!?
あっと、ここでとある匿名の人物より伝言(メッセージ)です。
『判っているだろうが、無様な戦いを見せたら、覚悟せよ』
との事。
どういう意味でしょうか? わからないけど、楽しそうだ〜!」
No, his fate was already sealed.

Souka already known that but she still took pleasure in cornering him.

I had no choice other than praying for the cornered Lion Mask’s fortune in the match.
いや、判かってる。
ソーカのヤツは判ってて、楽しんで追い込んでいる。
追い込まれた獅子覆面(ライオンマスク)の御武運を祈るしかないな。
「Continuing,  the last contestant from special participant.

The Ultimate Battle Machine, in front of it, Holy or Evil had no meaning!

I have received an introduction essay from an anonymous person.

『My Beretta, is the Strongest』[4]

That what written in this.

However, didn’t this is it first real combat?

How can it be the strongest I really don’t had even a slice of understanding it, but anyway this increase our anticipation on it even higher!」

「続いて、特別枠より最後の選手。
究極の戦闘狂(バトルマシーン)であり、彼の前には聖も魔も意味が無い!
匿名人物より受けた紹介文では、
『アタシのベレッタ、マジ最強!』
となっております。
しかし、まともな実戦は今回が初めてなのだとか?
どうしてそれで最強なのか理解に苦しみますが、ともかく期待は高まります!」
N~o.

I really didn’t expect this, you know?

She finished the forcefully overbearing introduction.

Certainly, the people who know about the existence of Beretta were few, so its power was unknown.

So there was nothing wrong in her words.

いーや。
まったく期待してないよね?
強引に繋げて紹介を終わらせやがった。
確かに、ベレッタの存在を知る者は少ないし、その強さも未知数。
言ってる事は間違ってはいないけどな。
「Well then, from this point true strong people will make their appearance!

The executives of Tempest.

Their abilities are equal of a thousand warriors.

The first person, Go~Bu~Ta~!!

There are many who admire that nihilistic mask of his, an elite warrior!

Although he wished to have fame as a genius, he is the greatest of all young warriors.

What kind of bewitching battle that he will show us on this time?!」

「さて、ここからが真の強者の登場です!
魔物の国(テンペスト)の誇る幹部達。
その実力は一騎当千。
先ずは最初の一人、ゴ〜ブ〜タ〜!!
そのニヒルなマスクに憧れる者も多い、エリート戦士!
天才の名を欲しいままにする、若き戦士長。
果たして、今回はどのような戦いを魅せてくれるのでしょう!」
Stop that ssu~!! I think that was what Gobuta’s heart was screaming right now.

His face also turned pale, you know.

That was so, after all. He was in a sorry state similar to the half-killed Lion Mask-san

Oh, well…

If Gobuta was desperate, he might become serious.
やめるっすよ〜!! というゴブタの心の声が聞こえてきそうだ。
青褪めた顔になっているぞ。
そりゃそうだ。どう見ても、獅子覆面(ライオンマスク)さんに当たったら半殺しでは済まないだろうし。
まあいいか。
ゴブタも必死になって、本気出すかもしれない。
「The next contestant is Gabil!

Commander of Hiryuu[5], warrior of the blue sky.

In that body that flowed with dragon’s blood, will an invincible warrior be awaken!?

By the way, he is my biological brother.

Since father is watching, you can’t show a pathetic battle, right!」
「さて、次の選手はガビル!
飛竜衆(ヒリュウ)を率いる、大空の戦士。
その身に宿す龍の血を滾らせて、無敵の戦士として覚醒出来るのか!?
ちなみに、私の実の兄でもあります。
父も見ているので、無様な戦いを見せる訳にはいかないでしょう!」
Oh…….

No mercy even to a biological brother.

No, since it’s a performance to drive someone to the corner.

Since no one will know who will be their enemy, I might see Gabil unexpectedly awakening.

Since it’s true that Abil was watching, I think I can look forward to it a little.
おお……
実の兄にも容赦無いな。
いや、追い込まれてからが本番だ。
誰に当たるか判らないけど、案外覚醒したガビルが見れるかも知れない。
アビルも見ているのは本当だし、少しは期待してもいいだろう。
「The Sideshow[6] had now finished, from this point is the Main Show[7]!

Continuing the introduction, the High Orc Gerudo!

Tempest Guardian Deity. The crucial guardian with impregnable defense!」
「前座は終わり、ここから紹介するのは真打です!
次に紹介しますのは、猪人族(ハイオーク)のゲルド!
魔物の国(テンペスト)の守護神。鉄壁の守りの要です!」
Uh-oh, didn’t she just say sideshow?

Certainly, the people after this were really strong. She changed her tone and turned herself into serious introduction mode.
おおっと、前座と言い切りやがった。
確かに、この先は本当に強いけど。口調も変わり、真面目に紹介モードになってやがる。
「Contestant Hakurou , a master of sword.

Appointed as the Sword Art[8] Instructor, he was also the one who trained us.

「ハクロウ選手は、剣の達人。
剣術指南を任命され、我等を鍛えてくれる師匠でもあります。
Contestant Shion, the number one secretary of Demon Lord Rimuru.

Fitting her intellectual appearance, she is a woman who can do anything.

Not only protecting Rimuru-sama, but also counsel him. It can be said that she had monopolized every position that is yearned by every woman.」

シオン選手は、魔王リムルの第一秘書。
その知的な風貌に相応しく、出来る女そのもの。
リムル様を守り、また相談に乗る。女の憧れの地位を独占していると言えるでしょう」
Huh?

Was there a secret dealing?

I cannot help to not ignore it, Shion was nodding in satisfaction.

Somehow or another, there was no mistake that there were black dealings had been carried out in here.
はあ?
裏で手を回したのか?
聞き捨てならんが、シオンは満足そうに頷いている。
どうやら、何らかの取引を行なったのは間違いなさそうだ。
「Souei-sama, he is my superior, a man(person)of yearning.

Anything is flawlessly completed, but there is nobody that knows his true strength.

This time too, he will surely show us a splendid wonderful battle!」
「ソウエイ様は、私の上司でもあり、憧れの男(ヒト)でもあります。
何でも完璧にこなし、その実力を知る者はいないと言われています。
今回も、きっと素晴らしい戦いを魅せてくれるでしょう!」
Do you need to add sama to Souei?
Furthermore, while blushing, she said it seriously.

Oh well, its okay.

ソウエイは”様”付けか。
しかも、頬を染めつつ、本気で言っているね。
まあいいけど。
「Well then, the only contestant in this tournament that not a humanoid but a beast, Ranga!

Reigning as Rimuru-sama’s Guard(Pet), a superior wolf that allows no one to come near!

「さーて、今大会唯一、人型では無い獣型の選手、ランガ!
リムル様の護衛(ペット)として君臨し、何者も寄せ付けぬ孤高の狼!
Let’s continues, the number one favorite of this tournament, contestant Diablo!

Needless to say but no one had seen his real ability in real combat.

This time, will there will be contestant that can expose that secret? Is there any existence that can do it!?

We will see a match of different levels from usual!
続いて、本大会優勝候補の一角、ディアブロ選手!
本来の実力は疎か、まともな戦闘を見た者も居ないと言います。
今回、その秘密を暴く事の出来る選手が、果たして存在するのかどうか!?
次元の異なる戦いが見られそうです!
Next one is the last contestant introduction!

Tempest supreme commander, contestant Benimaru!

Among the subordinates of Demon Lord Rimuru-sama, his power is said to be the strongest, but how strong it will be?

Also, there are saying that it equal to Souei-sama, but is that rumor is true!?

This time, that truth will be made clear in front of public eyes!」
さーて、それでは最後の選手を紹介しましょう!
魔物の国(テンペスト)の総大将、ベニマル選手です!
魔王リムル様の配下の中で、最強と言われるその力、一体どれほどのものなのでしょう。
また、ソウエイ様と互角と言われておりますが、果たしてその噂は本当なのか!?
今回、その真相が明らかになりそうです!」
As expected, the last introduction was normal.

But, who was the strongest? I don’t really know.

Diablo, Ranga, Souei, Benimaru.

In addition of the strong four, Shion and Beretta.

Because they learnt their technique from Hakurou, recently they have surpassed their level…..

Also, that Lion Mask, was the former Demon Lord Karion-san, right?

Against that former Demon Lord, how far can our executives fight?

I’m really looking forward to it.

流石に、最後の紹介はまともだったな。
だが、一体誰が強いのか、本当にわからん。
ディアブロ、ランガ、ソウエイ、ベニマル。
この4強に加えて、シオンにベレッタ。
ハクロウの技術を学んでいるので、最近ではレベルも上がっているようだし……。
あと、獅子覆面(ライオンマスク)って、元魔王のカリオンさんだろ?
あの元魔王に対し、うちの幹部が何処まで戦えるのか。
非常に楽しみであった。
The contestant’s introduction ends, the lot was drawn and the opponent was decided.

Because the tournament, the match will be divided into four matches on the first day and another four on the second day.

Immediately after the lot was drawn, the name was filled on the tournament chart.

The result.
選手の紹介が終わり、クジを引いて対戦相手を決める。
トーナメントになっているので、一日目と二日目で4試合づつに分けられる事になるのだ。
早速クジを引いて貰い、トーナメント表に名前が記入されていく。
結果。
First day

The first match         …… Benimaru vs Gozurl

The second match  …… Souei         vs Dagura

The third match        …… Gobuta      vs Hero Masayuki

The fourth match     …… Gabil          vs Ranga

一日目
第1試合…… ベニマル vs ゴズール
第2試合…… ソウエイ vs ダグラ
第3試合…… ゴブタ  vs 勇者マサユキ
第4試合…… ガビル  vs ランガ
Second day

The fifth match         …… Arnaud      vs Beretta

The sixth match       …… Lion Mask vs Diablo

The seventh match …… Hakurou    vs Damurada

The eight match       …… Gerudo      vs Shion

二日目
第5試合…… アルノー vs ベレッタ
第6試合…… 獅子覆面(ライオンマスク) vs ディアブロ
第7試合…… ハクロウ vs ダムラダ
第8試合…… ゲルド  vs シオン

Untitled

So it was.

Because the result was of a fair lot, although there were no hard feelings, Gabil was pitiful.

Because his Tuner[9], it will be fine if he pick an opponent he could win against, but since his opponent was Ranga, it will be impossible.

His expression became hopeless, yes.  I hope he will work hard to his utmost best.

Next one was, Gobuta

If, the hero really had the same rank as Hinata, Gobuta chance of victory will be nonexistent.

To test the Hero ability, Gobuta might be suitable for it.

I also want him to work hard to his utmost best.

となった。
公正なクジの結果なので、恨みっこ無しなのだが、ガビルは可哀想だな。
調子者だから、調子良く勝てる相手なら良かったが、ランガ相手では無理そうだ。
絶望的な表情だし、うん。精々頑張って欲しい。
あとは、ゴブタ。
もし、勇者が本当にヒナタと同格なら、ゴブタに勝目は無いだろう。
勇者に対する試金石としては、ゴブタは適任かも知れない。
精々此方も頑張って欲しい所だ。
After this, it will become a considerable great match that I want to see.

By the way, Wisdom King Raphael had perfectly predicted the outcome of these matches.

It didn’t say anything, so it might be interesting.

Because there was free will, there might be case where the contestant actions could overturn even 10.000 calculations, so it can’t reach any conclusion.

On the contrary, if the contestants were manipulated, then it could be possible to make a 100% perfect forecast.

Well then, now, I somehow expected it, how the result will be.

Without delay, the first match had begun.

後は、俺の見立てでは結構良い勝負になりそうだ。
ちなみに、智慧之王(ラファエル)による完全予想も出てはいる。
面白くなくなりそうなので言わないけどね。
自由意思があれば、一万回の演算を覆す行動を取る場合もあるらしいので、確定は出来ないそうだ。
逆に、相手が操られていたら、100%の行動予測が可能なのだとか。
さてさて、予想はともかく、結果はどうなる事やら。
さっそく最初の試合が開始されようとしていたのだった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

The first match……Benimaru vs Gozurl
第1試合…… ベニマル vs ゴズール
For some reason, they were glaring at each other in the middle of arena.

They didn’t show any response to Souka ”BEGIN!” proclamation.
何やら中央で睨みあっている。
ソーカの「始め!」という掛け声にも反応していない、
「Fufufu, to meet you at the first match is lucky.

Benimaru-san, you might be the supreme commander. However, that will end today!

From today, is the era of this me, Gozurl-sama!!」
「ふっふふ、最初にアンタに当たってラッキーだぜ。
ベニマルさんよ、アンタが総大将なんだってな。だが、それも今日までだ!
今日からは、この俺、ゴズール様の時代よ!!」
Gozurl suddenly spouting remarks one and another.

This was ba~d, because he receive a name and gained new power, it seemed that he had become arrogant.

Was this… a rebellion against me….. Or so what I think, however…..
などと、いきなり噴出しそうになるセリフを述べるゴズール。
やっべ、名前付けたせいで力を得て、増長しちゃったみたいだ。
これは、俺への反逆も……そう思ったのだが、
「Please watch me, Rimuru-sama!

I, Gozurl, will become your new right hand.

If that happen then Shion-dono will become my bride!!」
「見ていて下さい、リムル様!
この俺、ゴズールが、新たなる片腕となって御覧にいれます。
その際は、シオン殿をこの俺の嫁に!!」
He respectfully bows at me, while declaring that words.

To his remarks,
俺に向けて恭しく礼をしつつ、そんな事をほざき出す。
そのセリフに、
『Shion-sama is my, our bride!!』
『シオン様はこの俺の、俺達の嫁よ!!』
A booing was thrown at him.

It seemed that one part of spectator were crazy fans of Shion.

Ah well. So foolish.

What should I say? The next match will begun……
ブーイングが飛び交った。
一部に熱狂的なファンを持つらしい。
まあいいや。バカバカしい。
というか、もう試合始まってるぞ……。
「I understand, do a serious match.

I don’t need foolish words.」
「判ったから、真面目に試合しろ。
口だけの馬鹿は要らんぞ」
Because I said it to the mike, it echoed on the Colosseum.

The spectator burst in laughter, they think that this was just a part of the performance.

Since it was serious, I really thankful that they misunderstand.

I was really embarrassed.
拡声器(マイク)で言ったので、会場中に響き渡る。
観客は爆笑であった。パフォーマンスの一環と受け取ったようだ。
本気(マジ)でやってるから、勘違いして貰って助かった。
大恥じである。
「Begin!」
「始め!」
Once again, Souka declared it.

This time the real fight will begin.

Gozurl does the first move. And thus, a large magic formation suddenly appeared on the ground.
再びソーカが合図を出した。
今度は真面目に戦いが始まる。
ゴズール優勢。そして、地面に突如描かれる魔法陣。
「Take this, the supreme commander position is mine!

Unique Skill, 『Restrainer』, executed!」
「掛かったな、総大将の座は俺のものよ!
ユニークスキル『限定者(サダメルモノ)』、発動!」
Oh, it seemed that he had used it immediately.

It was not ability that a fool can use. The magic formation drawn on the ground, was it prevention against cancellation?

I’m impressed

However, no matter how I see it. Benimaru was deliberately receiving that.

Even if provoked to that extent, there was no enraged appearance. It was different from the former him.*

After he entrusted as the supreme commander of this country, the short temper part of Benimaru’s personality has disappeared.

And, the calm Benimaru was tremendously strong.

ほう、早速使用したようだ。
馬鹿には使いこなせない能力。地面に描いた魔法陣で、拒否(キャンセル)を防止したのか。
なかなかやる。
だけど、どう見てもベニマルはわざと受けてるようだ。
あれだけ挑発されても、激昂する様子もない。以前なら間違いなく切れている。
この国の総大将を任せてから、ベニマルの短気な部分が無くなった。
そして、冷静なベニマルは恐ろしく強い。
If he fights against Hakurou now, the sword fight will continue endlessly.

It was after suppressing his physical strength to same level of Hakurou. In other words, his sword skill was improved to the same level of Hakurou.

With his short temper disappears, carefully, he listens to his opponent’s words.

Hence was his growth. *

Due to the restraining ability of Gozurl’s『Restrainer』,

今ではハクロウと闘っても、何時までも剣戟が終わらぬ程なのだ。
ハクロウ並みに身体能力を制御した上で、である。つまり、同レベルまで剣の腕が上達したという事。
短気では無くなった事により、注意深く、相手の言葉を聞くようになった。
それ故の成長。
ゴズールの『限定者(サダメルモノ)』による能力制御は、スキルや妖術、魔法の禁止であった。
「Wahahahaha! I hear that your specialty is Inferno[10] attack, right?

How’s that, what do you feel after your special technique is sealed?!

Just hand over the supreme commander position to me, and I might make you as my vice commander and become my right hand, how about that?」
「わははははあ! アンタは炎熱攻撃を得意とするそうだな?
どうだ、得意技を封じられた気分は!
俺に総大将を譲るというなら、俺の片腕として副将にしてやってもいいぞ?」
Hmm.

Gozurl, was too elated.

It was no good if I give name so easily. Since, it seems that it could mass produce an idiot such like him.

Even if he have loyalty to me, he didn’t took consideration of the power of the senpai he didn’t respect.

However. It’s different if the senpai was making a mistake,

Even Diablo, was polite when he met with opponent that were weaker than him.
Well, he was really frightening if he was angered, though he doesn’t shown an attitude that underestimates anyone……..

うーむ。
ゴズール、調子乗り過ぎだ。
やはり簡単に名前付けるのは駄目だな。こういう馬鹿を量産しそうだし。
俺に忠誠があったとしても、実力を省みず先輩を敬えないようでは話にならん。
先輩が間違ってるならともかく、だが。
ディアブロなんて、どう見てもヤツより弱い相手にも丁寧に接してるのに。
まあ、アイツは怒らせたら怖そうだから、誰も舐めた態度を取らないようだけど……。
Well then, what will Benimaru do?

If this was before, the opponent will be killed at this stage. Thanks goodness it was only half-killing.

Because he seals off the opponent’s ability, Gozurl was too elated and attacked Benimaru incessantly with his Great Axe.*

Since Magic, and other skills were sealed off, it seems he believe that his own power and speed were above Benimaru. *

However…….

さて、ベニマルはどう出るか?
以前なら、この段階で相手を殺してた。良くて半殺し。
ゴズールは相手の能力を封じ、調子に乗って大斧でベニマルを攻め立てる。
妖術等を封じている以上、自分の方が力も速さも上だと信じているのだろう。
しかし……
「Oi, is that the extent of your power?

Do you had anymore besides that?

30 minutes will soon pass. Until that time, I allow you to attack as you like.

At the most don’t leave any regret, so it’s good to give all you got.」
「おい、お前の力はその程度か?
もう他に遣り残した事はないのか?
そろそろ30分経つ。それまでは好きに攻撃を許す。
せいぜい後悔しないように、気合を入れるがいい」
30 minutes.

That was, the match time I set beforehand.

To begin with, one match was about 30 minutes; it was something that I had consulted with Benimaru beforehand.

So that mean, for the sake of punctually, he deliberately let his opponent to do as it pleases, like that?

There was nothing but astonished at the growth of Benimaru.

30分。
それは、俺が事前に設定した試合時間。
大体一試合30分程度だと、ベニマルと相談した事があったのだ。
という事は、その時間を守る為に、敢えて相手に好き放題させているのか。
ベニマルの成長ぶりに驚くしかない。
「Huh? Are you sleep-talking?

You cannot do anything against the attack of the great me, and just received all of it, doesn’t you?

Don’t be a sore loser and don’t carried away, chump!」
「はあ? 寝ぼけた事を言うんじゃねーぞ!
俺様の攻撃に手も足も出ないで、受けるので精一杯じゃねーか。
負け惜しみも大概にしやがれ!」
Gozurl doesn’t realize the differences in their ability, it seems he still believe that he attack Benimaru one-sidedly.*

Gozurl was above in power and speed?

No, that was wrong.
That Benimaru, without me knowing, his ability has been increased drastically.

Possibly, his maximum amount of Energy(Magic power) had increased substantially.

Because he suppressed demonic aura, its increase went unnoticed.

Even if the Wisdom King Rafael conducts measurement without failure, but I didn’t hear anything from it.

And so, 30 minutes had elapsed.

ゴズールは実力差に気付かず、一方的にベニマルを攻めているつもりのようだ。
力と速さがゴズールの方が上?
いや、違う。
ベニマルのヤツ、何時の間にか、大幅に能力を上昇させているようだ。
もしかして、魔素量(エネルギー)の最大値も大幅に上がっているのかも知れない。
妖気を抑えているから、上がっていても気付き難いのだ。
智慧之王(ラファエル)はきっちり測定しているんだけど、聞かないと教えてくれないし。
そして、30分経過した瞬間、

「It’s time.」

「時間だ」
Benimaru mutters lazily, Gozurl falls to his knees on the spot.

On Benimaru’s left hand was a Katana with crimson blade called Crimson Lotus Edge[11], Benimaru was only warding off the attacks from the Great Axe, but he counterattack after the time passed.
His right fist catches Gozurl, kneaded with power to penetrate, he drive the fist into Gozurl’s Solar Plexus.

With that one hit, the flow of his magic power was disarranged, Gozurl was unable to stand.

Even if he set up barriers, everything was pierced instantly by that hit.

It was an excellent victory for the overwhelming Benimaru.

ボソっと、ベニマルが呟き、ゴズールがその場に膝をつく。
左手に紅蓮丸と言う真紅の刀身の刀を持ち、大斧の攻撃を受け流すだけだったベニマルが、時間経過と同時に反撃したのだ。
右拳がゴズールを捉え、練り込まれた浸透勁をゴズールの鳩尾に叩き込む。
その一撃で、魔素の流れを乱され、立つ事も出来なくなるゴズール。
結界を張っていたとしても、あの一瞬で全てぶち抜いたのだろう。
圧倒的すぎるベニマルの、鮮やかな勝利であった。
「To correct your character it’s necessarily to beat you again and again. At the most, prepare yourself.」
「お前は性根から叩き直す必要があるな。精々、覚悟する事だ」
Gozurl fainted after receiving those words.

The first match end.
その言葉を受けて、ゴズールが気絶した。
第1試合、終了である。

[1] Gyuuki牛鬼族(ギュウキ) written as Ox Demon Race read as Gyuuki.

[2] 『限定者(サダメルモノ)』= Genteisha (Sadamerumono) can be translated as decider, establisher, limiter, restrictor, restrainer. Tell me what’s better for his unique skill.

[3] THE LEGENDARY SWEATDROP (  ―‗― ”  )

[4] I knew it, Ramiris is Cirno in disguise! ⑨ indeed.

[5] 飛竜衆 (ヒリュウ) Flying Dragons (Hiryuu)

[6] Zenza (前座) = Minor performer, side character.

[7] Shin’uchi (真打) =Star performer, main character.

[8] Kenjutsu

[9] Trivia: Gabil’s Unique Skill Tuner (調子者Choushisha) can be translated as matter of chance/person easily elated. Also a person that follows the flow.

[10] 炎熱 (Ennetsu) choose one rather than Inferno if you want from these = Blazing fire/flame/heat, Intense fire/heat/blaze/flame, Sweltering heat, extreme heat/fire flame/fire/blaze.

[11] Gurenmaru

Slime – Chapter 106 Unedited